インド最大手仮想通貨取引所Zebpay(ゼブペイ)にリップル(XRP)が上場/2月9日に取扱開始

インドの最大手仮想通貨取引所Zebpayは2月9日からリップル(XRP)の取り扱いを開始することを発表しました。

 

Zebpay(ゼブペイ)は2012年にサービスリリースしたモバイルアプリ専用の仮想通貨販売所でダウンロード数は100万ダウンロードを既に突破している取引所です。Zebpay(ゼブペイ)は、2018年1月にビットコインキャッシュ(BCH)やライトコイン(LTC)の取引開始を発表しています。

 

 本サイト、おすすめリップル取引所は「ビットバンク」になります。ぜひ無料登録してみましょう!

 

リップルは、リアルタイム国際決済ネットワーク

リップル(Ripple)プロトコルは、リアルタイム決済、通貨交換、送金ネットワークであり、世界中のどこでもリアルタイム決済を可能にすることを目的としたプロジェクトです。また、XRPは国際決済での流動性を確保するために、銀行と決済機関に信頼性の高いオンデマンドオプションを提供しています。

 

また、XRP Ledger(非中央集権型台帳)におけるネイティブ通貨であるXRPは、1秒間に1500の取引処理が可能で、決済時間は4秒となっています。

リップルは大手金融期間とも提携

サンタンデール銀行、アクシス銀行、イェス銀行などの多くの金融機関は、コスト削減と効率向上のためにリップルの技術テストなども開始しています。

 

  • 【仮想通貨】リップル(XRP)価格の高騰理由/1週間で最安値から50%以上高騰
  • 【2月16日】Crypto Emporium(クリプト・エンポリウム)でリップル(XRP)で高級車のBWM購入可能に
  • インド最大手仮想通貨取引所Zebpay(ゼブペイ)にリップル(XRP)が上場/2月9日に取扱開始
  • LianLian
    中国最大級決済サービスLianLian(リャンリャン)とリップルが提携/1.5億人に国際決済サービス提供
  • アメリカン・エキスプレスやマネーグラムなど大手金融期間がリップル技術テストを開始
  • 【2018年最新】リップル(XRP)取り扱い取引所一覧比較/国内・海外22選
おすすめの記事
仮想通貨
GMOコインの登録方法 東証一部上場GMOグループが運営するGMOコインの登録方法(口座開設)を初心者でもわかりやすくご紹介していきます。 ...