BTCボックス

BTCボックスの登録方法

BTCボックス(BTCBOX)は、金融庁が認可した仮想通貨交換業に登録されている仮想通貨取引所です。ビットコインの他に、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムなども取扱しています。


BTCボックスの登録の流れ

    ①新規登録のために公式サイトへ移動

    BTCボックス(BTCBOX)の新規会員登録のために、公式サイトへ移動し「メールアドレス」「ログインパスワード」「確認パスワード」「キャプチャコード」を入力し、利用規約にチェックを入れ、同意ボタンを押します。

    ボタンを押すと「メールアドレス登録完了」画面に遷移します。

    ②認証用メールURLをクリックして、パスワードを設定

    以下のように認証用メールが送付されます。メール本文に記載されている「アクティブにする」のリンクをクリックしましょう。

     

     ④電話番号認証

    「アクティブにする」押すとと、「電話番号認証」に行くため、「電話番号」の欄に入力し「コード認証」を押します。SMSに記載している認証コードを入力して、「次へ」進みます。

    ⑤基本情報の登録

    電話番号認証が完了したら、個人情報入力に進みます。「氏名」「性別」「国籍」「生年月日」「電話番号」などを入力します。

    次に「住所」「出金先金融機関」などの情報を入力します。

    次に、職業、取引目的、利用規約、同意書などに記入、チェックを入れて「次へ」を押します。

    ⑥本人確認書類のアップロード

    基本情報の登録が完了したら最後に「本人確認書類のアップロードに進む」ボタンを押します。本人確認資料をアップロードのページに移動したら、パスポートや運転免許書などは裏面も表示してアップロードしましょう。

     

     

    本人確認ができる書類は下記となります。 
    下記の中からいずれの1点をアップロードしてください。

    1. 運転免許証または運転履歴証明書
      有効期限内のもの、裏面に現住所が記載されている場合、裏面のコピーも必要になります。
    2. 在留カードまたは外国人登録登録証明書 
      有効期限内のもの、裏面に現住所が記載されている場合、裏面のコピーも必要になります。
    3. 印鑑登録証明書 
      交付後3ヶ月以内のもの。
    4. パスポート 
      有効期限内のもの、日本国政府発行のパスポートに限ります。顔写真入りのページと所持人記入欄のページが必要になります。
    5. 健康保険証 
      有効期限内のもの。現住所・生年月日の記載があるもの。裏面に現住所が記載されている場合、裏面のコピーも必要になります。
    6. 住民基本台帳カードまたは住民票 
      有効期限内のもの,お名前・生年月日・現住所・有効期限が記載されたもの、裏面に変更の記載がある場合は、裏面も必要になります。住民票は交付後3ヶ月以内のもの。
    7. マイナンバーカード 
      マイナンバーカードについては、「有効期限内のもの、顔写真が記載されている表面のコピーをお送りください。裏面に変更の記載がない場合、裏面のコピーは不要です。裏面に変更の記載がある場合は、裏面の提出が必要ですが、マイナンバー部分は、読み取れないように黒く塗りつぶしてご提出ください。

    ⑦転送不要の書留郵便を受け取る

    最後に、BTCボックス(BTCBOX)から送付される転送不要の書留郵便ハガキを受け取れば、仮想通貨取引をすることが可能です。ハガキは約1週間で届きます。

     

    書類を受け取ると翌営業日中に口座開設が完了となります。

     

    以上がBTCボックス(BTCBOX)の登録方法です。

    • BTCボックス
      BTCボックス(BTCBOX)の登録方法(口座開設)
    • QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法 (口座開設)
    • bitbankTrade (ビットバンクトレード)
      bitbankTrade (ビットバンクトレード)の登録方法 (口座開設)
    • フィスコ仮想通貨取引所
      フィスコ仮想通貨取引所の登録方法(口座開設)
    • DMM Bitcoinの登録方法(口座開設)
    • Zaif(ザイフ)
      Zaif(ザイフ)の登録方法(口座開設)
    おすすめの記事